40年後に届いた手紙

先日実家に立ち寄った時、母親の遺品を整理していた妹から手紙を渡されました。


それは40年前の父方のおばあちゃんからの手紙で、

内容は高校受験頑張ったこと、お祝いに会いに行きたいけど体 が不自由で行けなくて

残念な事など、 

当時はこの手紙をちゃんと読んでなかったのか、今は全く記憶に無いものでした。 

それから数年後におばあちゃんは亡くなりました。


弱々しい鉛筆書きで少し誤字があり、体調の悪い中でも愛情を感じられるものでした。

今になって、40年ぶりに気持ちが伝わり、

何度も読み返して、なんで電話せえへんかったて、当時の自分の不甲斐なさを悔やみました。


こんなに時間が経って気持ちが伝わる事があるんですね。

大切に手紙を保存していた母親は今 おばあちゃんと同じ墓、「やっと解る歳になったか」と

二人笑っている気がします。



ウッドデッキ パーゴラ フェンス木のある暮らし

天然木のウッドデッキやパーゴラと家族で暮らすご提案

0コメント

  • 1000 / 1000